ふと、高校生のころの初バイトを思い出した

僕が初めてしたバイトは、港区の芝公園にあるプールの監視員だった。

高校1年のときだったかな?

亡くなったお母さんの知り合いから紹介してもらった仕事だ。

夏休みの間だけの期間限定のやつだ。

当時からシャイだったので、面接とかが大の苦手。

そこで親に「何かバイト募集とかしてたら教えて」と頼んでおいたのだ。

もちろんそのときは、”面接が苦手”だからという理由は伏せたままお願いした。

親にそんな”かっこ悪い自分”を見せるなんて、恥ずかしかったからだ。

プール監視員のバイトは、とくに仕事らしい仕事はない。

走ってはしゃいでる人を注意したり、小休憩のアナウンスをするくらい。

まぁそのアナウンスもガッチガチに緊張していたので、マニュアルを棒読みしてただけだけど笑

高校生だったのは、僕だけで、あとはみんな大学生と社会人だった。

1週間くらいすると、監視員の定員がそんなに必要ないという事になり、受付係にまわされた。

受付には僕の他に、妙に色っぽいお姉さんがいて、その人と一緒に働くことになった。

ここでも、働くというよりはお姉さんと雑談ばっかしてたと思う。

歳もけっこう離れていたので、面白い展開を期待した人には、申し訳ないけど、何もなかった。

それでも初バイトはそこそこ楽しめたと思う。

本当は、もうちょっと違うことを書こうと思ったんだけど、書いてるうちに脱線しちゃった笑

まぁとにかく、アウトプットに対する抵抗を減らす為の訓練のようなもんなので、人様に見せる内容でもないんですけどね。

あとはフリック入力で文を書くとどうなるか実験してる。っていうのもあるかな。

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。