ども、ダンプカー運転手のさぎです。

 

僕が長年、車を運転していて、本当に女性の運転は危ないのかどうかを、自分視点で語ってみようと思います。

あくまで僕の感想なので、絶対こうだろうとは言い切れません。

いったん男女に分けてみて、それぞれの欠点を比べて、どのような違いがあるかを見ていきます。

 

男性から見た女性の危ないと思う運転

 

  • ルールより自分
  • その車線でそのスピードは‥
  • 車線変更が下手
  • 流れに乗れてない

 

こんなとこじゃないでしょうか?

 

ルールより自分

 

僕はこんなことがありました。

街の中の小さな交差点でのできごと。

 

相手の乗る車の方が一時停止線が引かれているにも関わらず、僕が直進している車線へ出てきました。

そのおかげで、僕の車の横に、その方の車が突き刺さりましたw

※僕の方の車線に停止線はありません。

 

その車に乗っていたのは、子供連れのお母さんでした。

 

ここで僕が理解できないのは、”横から突っ込む”という現象は、”前方に車がいる”というのを把握している状態、でしか起こり得ないということ。

それを分かった上でアクセルを踏んでいる。

 

でも、そこでその人のことだけを間違ってると、切り捨ててしまうと思考停止してしまうので。

 

では、その人は何を考えていたのか?

  1. 私が出れば向こうが止まってくれると思った
  2. 夕飯の仕度で急いでいた
  3. 夕暮れ時だったので暗くて見えなかった

 

この辺りが妥当な線では無いでしょうか?

でもこれは、一時停止で止まっていれば全て防げることです。

この事故に関わらず、こういった感じで飛び出してくる人に、若干女性が多いように見受けられます。

 

その車線でそのスピードは‥

 

これもよく感じるのが、女性ドライバーは前後左右の流れを把握できていない人が多い気がします。

どういうことかというと、追い越し車線であるにも関わらず、ずっと”トレーラーの並のスピード”で走っている。

もちろん、ルール上間違っていないので、責めることはできません。

 

でも、仕事で走っている方達は、その幹線道路では”この位のスピードで走れるのはず”と思って、お客さんにも到着予定時間を伝えたりしています。

(あいにく僕の仕事では、そんな急かされたりするような案件が無いので、いつも流れに任せた走りをしてます。とういか現場より安全運転が優先。)

 

なので、追い越し車線にいる時は、その辺を少し意識して走って頂けると、全体がスムーズに走れると思います。

 

車線変更が下手

 

高速道路でよく見かけるのが、合流地点で足踏みしている人。

合流に入る側の人は、本線に入る前にある程度加速してこないと入れない。

それを躊躇したことによって、すでに合流できるスピードで無くなってる人とかがいます。

 

これでは後ろから走ってきた人も合流しづらいです。

 

でもそういう状態にある人を「チラッ」と見ると、あぁやっぱりなって感じることがあります。

まぁここは慣れの部分もあるので、何とも言えませんが。

 

流れに乗れてない

 

これは先程書きましたが、ではそもそもなぜ流れに乗れないのかというと。

あくまで僕の持論ですが、車を運転している人に”男性”の方が多数派だからなのかなって思ってます。

 

男性同士だと、相手の考えが”会話しなくても”、ある程度理解できるんです。

 

これが道路を走ってる人が、女性が多数派の世界だったら、それはそういう流れになっていたのかもしれません。

 

男性から見る男性の危ない運転

 

ここまでだと、女性を少しいじめてるような内容だったので、公平に男性の欠点も見ていきましょう。

 

  • 車間距離つめすぎ
  • スピード出しすぎ
  • 自分がルール
  • プライドが高い

 

今までは女性を責めて書いてる感じだったので、いくらか言葉に気を付けて書いてました。

でも、こっからは同性のことを書くので、遠慮無しに切っていきます(笑)

 

車間距離つめすぎ

 

自分が早く走りたいからと、ノロノロ走ってる車の後ろにピッタリ付けてアピールする人w

これはもう十中八九、男ですw

女性でこれやってる人見たことありません。

 

さぎ
お◯っこが漏れそうなんでしょうか?

 

スピード出しすぎ

 

コレも女性で見たこと無いですね。

 

さぎ
ウン◯でも漏れそうなんでしょうか?

 

自分がルール

 

女性編でも同じのがありましたが、性質が異なります。

 

まず、オラついた走り方の人。

皆が並んでる列に、前方まで行って割り込んで入ろうとする人。

 

さぎ
もう、おしっことウンコが同時に漏れそうなんでしょうか?w

 

ただこれ、僕も嫌だなぁと思ってることなんですが、こういったことするダンプ屋さん実に多いんですよね~(汗)

しかもそれが”腕の見せ所”と感違いしてる人が多いのも現状です。

 

現場に早く着くことが、責任感だと思ってる人。

 

でも道路ってそういうもんじゃなくて、皆がそれぞれ仕事やプライベートで走ってるので、我先にっていう考えはどうにも好きになれません。

 

プライドが高い

 

さっきのにも共通して言えることですね。

これは走りに限ったことでは無いですが、男性はプライドが高いです。

プライドの高い人はちょっとしたミスでもムッとします。

クラクション鳴らすのも男性が多いですよね?

 

さぎ
鳴らしたところで、現状が変わらないケースがほんとんどなんですけどねw

 

では男女で何が一体違うのか?

 

まぁよく言われてるのは、空間認知能力の違いでしょう。

男性は運転中、俯瞰(ふかん)で物を見ることができる。というか想像できるんです。

例えると、ドローンを使って上空からの景色をスマホで見てる感覚と一緒です。

 

余談ですが、この能力で男性は女性に対して良からぬ妄想をしているのも事実です。

 

さぎ
特に思春期の厨ニ男子とかw

 

でもその能力のおかげで、運転技術に多少なり貢献しているので、許してあげてください。

 

さぎ
空間認知能力関係無かったかも‥w

 

まぁ調べれば、石器時代にマンモスを狩ることにうんちゃらかんちゃらなんでしょう。←てきとうw

 

 

女性ドライバーは全般的に走りが柔らかく、優しい人が多い印象ですね。

 

まとめ

 

まぁこれは、夫婦生活とかでもそうなんでしょうが、まずはお互いの性質を知っておくこと。

そうするとことで、ある程度の行動の予想が付くので、車も夫婦間の事故も減るはずです。

 

さぎ
よし、だいぶ上手いことまとめられた‥‥はず

 

ドライビングテクニックもコレに尽きると思います。

 

さぎ
と、バツイチの僕が言うのだから間違いありません。(説得力w)

 

 

 

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。