2日目のiPad Pro 10,5インチのメリット、デメリット

 

昨日は間違えて10,2インチって書いてたけど、10,5インチの間違いだった。

早速訂正しました。

昨日書いたことに補足して、思わぬところでこんな風に使えるとか、夢中になったことがあったのでご紹介。

 

個人的に心配だったマウスが要らない

タブレット自体、久しぶりに触ったので、デスクトップ慣れしてる自分としては、マウスがあったほうが作業しやすいんじゃないかな?と思ったんだけど。

でも2日目の今日は今ところ全然なくても、不自由しませんね。

ちょっとでっかいスマホみたいな感覚。

 

思わぬところで良かった点

別に真新しいことではないんだけど、普通に電子書籍が読みやすいところが良かった。

 

は?そんなの当たり前じゃん

 

とか言われそうですが(汗)

 

購入する前はそこを全然意識してなかったので、自分にとっては思わぬ発見でした。

そうと分かったら、早速キンドルアプリを入れてみて、読書してみることに。

感想としては、がっちり読書したわけではないで分からないけど、”読みやすさ”はかなり良い部類に入る。

”読みやすさ”はとしたのは、理由があって。

片手でよんでいると流石に疲れるという点。

まぁケースにキーボードと色々くっつければ、それなりに重くなりますわな。

それでも本体だけなら、477グラムと驚異的な軽さなんで、これで文句をつけるのは少し贅沢かもしれません。

 

フィルムを付けたのでペンシルに夢中になった

今日の朝、起きぬけにお風呂場で裸に靴下だけの格好で、フィルム貼りをしてみたw

自宅じゃ無かったら、ただの変態でしかない。

フィルムにホコリが少しでも、入らないようにするための配慮なんだけどね。

んで、そこそこ綺麗貼れたのでお絵かきしたら、これが夢中でとまらなくなったw

記念すべき?第一作品w

ペンシルで悟空っぽい何かを書いてみたw(画像見ながら)

まだまだ試したいことが沢山あるので、随時レビューしてみようと思います。

 

 

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。

ABOUTこの記事をかいた人

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。
長文は気が向いたときだけ。
イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。
ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。