ダンプ屋ブロガーの僕が嫌われる勇気から学ぶ「お前の顔を気にしているのはお前だけ」

こんばんは、今はだいぶ大人になったので、今更人からどう見られてるかなんてそんなに気にならなくなったさぎさんです。

昔の自分はどうだったか?

小さい時はそれはそれは人の目を気にしまくってましたw

いくつぐらまでなかぁ‥

結構いい歳になるまで人目を気にしてたと思います。

これは20歳くらいだったかな?

この顔まじヤバない?wwww

外見意識しすぎやろwwww

 

まぁそれはさておき、当時は外に居る人みんなくらいの気持ちで行動してました。

そうするとどうなるかというと‥‥

全く友達が出来ません!

だから”嫌われる勇気”を読む前から少しはわかっていたんですが、これ読んでから余計に外ヅラなんか気にしなくていいって気持ちになりました。

しかも昔、かぁちゃんからそんなこと言われた記憶もあるような無いような‥

気にしなくなるとどうなるか?

逆に周りの人をではなく味方と認識すると、色々良いことがあります。

純粋に友達も増えますし、自分が辛い時、しんどい時でも親身になって相談に乗ってくれます。

今日も田舎フリーランス養成講座を一緒に受けてるしっしー君にハゲまされました^^

酒入ってたら余裕で泣けるレベルです。

そうなるから言いたい‥

周りの人達を味方と見なしなさい、そして尊敬しなさいと‥

そうすることで、全ての人が、自分にとっての師匠になります。

内面を変えるだけで、こんなお金もかからず楽しくて嬉しいことないじゃないですか。

 

 

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。

ABOUTこの記事をかいた人

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。
長文は気が向いたときだけ。
イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。
ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。