昨日は講習が終わった安堵感から、気が抜けてブログ書く気力が残ってませんでした。

なので、忘れないうちに昨日の講習のポイントを書いていきます。

※講習受ける方以外には、ただただ退屈な記事でございます。

 

前回までの記事

学科1日目

ユンボ「小型車両系建設機械(整地等3t未満)」の技能講習を受けてきた【学科1日目】

実技2日目

ユンボ「小型車両系建設機械(整地等3t未満)」の技能講習を受けてきた【実技2日目】無事受かりました!

 

学科で教わった重要な部分

けっこう沢山マーカーを引いたところがありますが、個人的にここは重要だと思うところを抜粋しました。

テストにでた部分も多く含まれてます。

さぎ
20問あってどれが出たのか、はっきりとはおぼえてないので少し範囲を広めに書きました。
  • 車体の重さを指す表現が「重量」ではなく「質量」になった。
  • 小型車両系建設機械の意味「機体質量3t未満、動力を用いて、不特定の場所に自走できるもの」
  • ドラグショベル(ユンボ)とは、主に地表から下の掘削・積み込みに使われます。
  • クレーン作業を行う場合は、当該機械のつり上げ荷重に応じた運転資格が必要。
  • 機械質量とは、運転だけできる状態にした質量。バケットやアームの重さは入れない。
  • ディーゼンルエンジンは「圧縮による自己着火」、ガソリンエンジンは「電気火花」で動く。
  • バッテリーの電解液は「硫酸」を水で薄めたもの。
  • 圧力はギヤーポンプ120に対してとピストンポンプ300~400と、ピストンポンプの方が高い
  • 湿式のディスクブレーキは、耐久性にすぐれ、オーバーホールまでライニング等の交換が不要。
  • ユンボもペイローダーも、エンジン始動前は、車体を一周して「見回り点検、および仕業点検」をすること。
  • ユンボ、ペイローダーとも走行姿勢時、バケットは地上から40cmの高さで移動すること。
  • 傾斜面上での走行は、斜面に対して直角に登り降りすること。傾斜面を斜めに横切ったり、水平方向に走行すると非常に危険
  • ユンボ(ドラグショベル)のレバー操作には、JISパターンやISOパターンなど数種類存在する。各社のパターンはこちらを参照ください。
  • ユンボは、180度旋回で積み込むときは障害物がなければ、左旋回が基本です。
  • 法令では1年に1回の特定自主検査、月に1回の定期自主検査をすること。
  • 点検時は、必ず安全支柱または、安全ブロックをかますこと。
  • ラジエターの水温が熱いときに、いきなりキャップを外すと、熱湯がふきだす危険性があるので注意。
  • 作動油は、乳白色に変化したり、黒点があるものは、すぐに交換すること。
  • 建設機械の輸送には、高さが3.8m以下でなくてはいけない。
  • 電気の取扱い時、50mA(ミリアンペア)で人体に危険を及ぼし、さいあく死ぬことがある。
  • 安全装置、覆い、囲い等が有効な状態で点検または整備を行うこと。
さぎ
学科テストは7割正解で合格
万が一寝てしまった人はこのリストを見てね

 

技能講習の時間割

  1. 8:30~10:00
  2. 10:10~12:00
  3. 12:00~12:45 メシ
  4. 12:45~14:25
  5. 14:35~15:20
  6. 15:30~ 実技試験
  7. 17:00 結果発表

メモ取ったんですけど、記憶から補完したので、若干ちがうかも。

2班に分かれて、ホイールローダー(ペイローダー)組が約10名。

油圧ショベル(ユンボ)組が約10名で行われます。

さぎ
僕は1班だったので午前中はペイローダー、午後はユンボ

お昼を境に、ペイローダーとユンボの講習が入れ替わります。

 

午前中のペイローダー

使用したのはWA30

さぎ
コンパクトでとても小回りが効く
さぎ
最初、建物の前にこれが置いてあったから、これ乗って講習受けるのかと思ったw まぁ大きさのわりには簡単なんだけどね。(置き場でちょこっと運転した程度)

 

さぎ
本当は1から乗り降りの手順を書いたんですが、くどすぎたのでポイントのみお伝えしていきます。

 

ペイローダーの運転のコツ

コマツのペイローダーの特徴は、バケットを水平に保ってくれるように設計されてます。

右レバーを内側にチョコンッと1回倒すと、バケットが水平になって、そのまま地面に下ろしたときに水平を保ってくれます。

講習でも教えてくれるので、前知識として覚えておいても損はないかと。

 

HSTシステム

アクセルを離すと、自動的にエンジンブレーキがかかり、スムーズに停止することができる。

 

さぎ
技能講習はまず寝ながら受けることが不可能なので、普通に聞いてればちゃんとできるはず。

天気予報では降水確率低かったのに、急な土砂降り。

カッパが人数分用意されてなかったので、雨の日に講習を受ける方はカッパ持ってくといいです。

※傘は滑って転んで骨折した人が過去にいて、禁止になったそうな。

 

でも、その話を聞きながら、

さぎ
ん?傘さしてると骨折ってどんな因果関係があるの?カッパ着てても転べば骨折するんじゃ・・・

って内心思ってました。

 

午後のユンボ

午前とは一転、外はお日様が顔を出しました。風はめちゃくちゃ強かったけど、雨降ってるよりは全然マシ。

使用したのはPC20MR

 

操作のコツ

講習のときに習ったレバーはJISパターン。

掘削は実際に掘る必要はないです。

レバー操作は、アームを奥まで伸ばすときは、「左レバーを前、右レバーを右に倒す

すくうときは、「左右のレバーを手前に引く

さぎ
すくうときのコツは、左レバーはずっと引きっぱなし(速度が1~2くらいのイメージで)右レバーはそのつど引いて調整。どのレバーも早すぎると地面にめりこんじゃったりして上手くいかないので気をつけること。

 

実技試験

さぎ
午後に受けた方の車両で実技試験を受けます。僕はユンボで実技試験を受けました。

コツとしては、

  1. 機体の見回り点検
  2. シートベルト
  3. エンジン始動
  4. 安全装置解除
  5. ブレードを上げる
  6. 左右の後方確認をしてから前進

これさえ守ってれば技術面は、マイペースで動かすだけでOKでした。

また、降りるときも逆の手順で。

車両から降りるときは、「はしごから降りるような感じ」で後ろ向きが基本。

 

講習を受けた感想

講習自体はちゃんと聞いてれば受かります。

試験中に物を壊したり、ルールを思いっきり無視しない限りは。

 

今回、講習に行くまでは本当にやる気が湧きませんでした。

ただ、こうやって「これから講習を受ける人」が少しでも役立つなら、行ったかいもあるのかなぁ、と。

これからもブログを通して何事も前向きにとらえてみようと思いました。

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。