立花岳志『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる 』の出版記念セミナーへ行ってきました。

そもそも『「好き」と「ネット」を接続すると、どうして「お金」が降ってくるの?』って話ですよね。

セミナーではその謎について説明されていました。

 

自分の「好き」を発信し続け、「得意」にする

あなたにも「好きなこと」の1つや2つは必ずあると思います。

その「好きなこと」をただぼんやりと1年続けるのと、ブログで発信し続けるのでは、ゆくゆくとても大きな差になっていきます。

 

ワイン好きな人を例にとると、1年中ワインを飲んでる人はワインについてめちゃくちゃ詳しくなります。

それを、ただ毎日飲むだけでなく、飲んだワインをブログで紹介し続けていると、周りから

「◯◯さんって、めっちゃワインについて詳しいですよね!」

という目で見られるようになり、ブランディングが出来上がっていきます。

 

しかも、ブログでただワインを紹介するだけでなく、そのつどワインに対するうんちくや、ワイン小話なんかも一緒に紹介する。

すると、ブランディングもそうですが、ワインについてものすごく知識が蓄積されていきます。

 

「強み」を活かすことで、その道の「先生」になれる

「あさこ食堂」を運営している、シラサカアサコ(@asacoshirasaka)さんは料理が得意で、料理ブログを始めて、たった数ヶ月で本の出版に至った人です。

この方のように、自分の「得意」を「強み」まで高めることで、人に教える「先生」にまで成れてしまいます。

その道の「先生」になれば、生徒さんから受講料をいただくことも可能に。

そうして、「好き」と「ネット」を接続することで、「お金」を生み出すことができるようになるんですね。

 

「お金」はあとからついてくる

本の著者は、出版社から割引きされた値段で本の購入ができるそうです。

セミナーの受付でも、その本が置かれていました。

でも、立花さんは書店で直接、本を購入していると言っていました。

普通の人なら、その差額を懐に入れていまいがちですよね。

ですが、書店に貢献することで、本自体が世の中に広まり、結果的に多くの人の手に行き届きます。

そうやって、沢山の本が売れることで、書店にとっても得だし、あとあと自分の収入にもつながっていくわけです。

 

まとめ

僕のやってる「趣味」は、たくさんありますが、まだどれも「強み」というレベルには達していません。

ですが、継続することで……いや、継続し続けることで、いずれ「強み」になると信じています。

そうすることで、いずれ「お金」が降ってくることでしょう。♪

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。