MicroSimをNanoSimに、ハサミだけでカットしてみた

 

毎度おっちょこちょいなもんで、今回もまたやってしまった。

何をかと言うと、

SIMカードの再発行時に、ちゃんと確認もせずに注文してしまった。

手元に届いたのは、MicroSIMカード。

僕が持ってるiPadが対応しているのは、NanoSIMカード。

つまり、SIMカードのサイズを間違えて注文してしまった。

SIMカードの取り替えには、3000円かかる。

でも、早くiPadを使いたかったこともあり、この裏ワザを試してみることにした。

結果から言うと大成功。

では、どんな感じでカットできたかをお伝えできればと思う。

 

simカードのカッティングの流れ

タイトルにもある通り今回使ったのはハサミ、それと爪切り、それだけ。

まず初めにカードからSIMを取り外す。

次にこちらのサイトを参照しながら切る位置決めをしていく。

まぁ、手元にプリントできる環境ではなかったので、勘で切っていった。

 

マウンターの裏から覗いた図。

こんな感じで裏側からSIMのチップが見えている状態にしていく。

では、早速ジョキジョキと切っていこう。

それでも、失敗したら認識できない恐れもあり、最初はドキドキしながら切りました。

多少の躊躇をしながらも、切らないと始まらないので、とにかく最初の一切り。

からの二切り。

まずは縦方向にカット。

初見にしては、だいぶうまく切れたのではないかと思う。

今度は横の長さを短くしていく。

もう、一度切ってしまえば、あとはそんなにびびらずカットできた。

ちょっとピンボケしてしまった。

時々、マウンターに乗せて長さを調節する。

縦が少し長かったので、また少しカットして、細かなバリは爪切りのヤスリで調整。

頭の角もハサミで落としていく。

落とした角を爪切りヤスリで微調整。

おーけっこうよく削れる~~~♪

再びマウンターに装着。

「うーむ、どうも横幅を少し切りすぎてしまったようだ。汗」

それでも、まぁ、おおむねよく収まってる方ではないかと思う。

遠目には、わからないしokでしょ。

表から覗いた面はピッタリ!

なんとなく「これはイケる!」と「「「確信。

 

SimカードをiPadに認識させる

いざ!simを装着!

iPadの機能を覗いてみると……

よし!一発認証!

そんじゃ、ま、試しに自分のサイトでも見てみますかね……

 

……ん?

表示されない……

「なんでだろ?」

と思ったら、なんやらU-mobileのアプリをダウンロードして登録してからでないと使えないみたい。

「うーん、そのまま装着で使えないのか…ちょっと手間だなぁ」

しかもiPadにU-mobileのアプリを入れるのにWi-Fiにつながないといけない。

「これ、ネット環境ない人は、わざわざフリーの電波探しに行かないと行けないのかな?」

「まぁ、幸いにもスマホがあるからなんとかなるけどさ……」

実は、今回初めてiPhone7でテザリングしてみた。

これも検索かけてサイトでやり方をみてたらすぐに分かった。

設定→インターネット共有でオンにするだけ

テザリングでiPhoneから電波をもらい、無事U-mobileアプリをインストール完了。

しっかりネットにつなぐことができました。((^∀^*))

これで外でもテザリングせずに、iPadが使える。やっほぃ♫

 

U-mobile

ちなみに僕が使ってるプランは、U-mobileデータ専用5GB

これで月額1480円

U-mobile

 

今回の作業をやる方がいましたら、あくまでも自己責任でお願いします。

解約時に、SIMカードの返却を求められるので、切ってしまうと、紛失と同じでまたお金がかかります。(返却を求められないケースもあるそうです。)

 

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。