真っ赤な花は木瓜(ボケ)という名の花でした

 

仕事で都内をあちこちまわっていると、桜が色んなところで咲き始めてますね。

ウチの団地の桜も明後日ぐらいには満開になりそう。

そんな桜に紛れるように咲いてたのが、今日見た真っ赤な花です。

名前が分からなかったので、早速ぐーぐる先生に聞いてみたました。

「赤い花」だけで検索すると、低いところに咲いてる花がヒットするので、「木」も入れてみました。

すると、写真と同じ花があって、タイトルでも書いたとおり、木瓜(ボケ)という名前なんだそうです。

「ボケ」ってなんだか痴呆症みたいな響き。

もうちょっといい名前がなかったのかなぁ?

こんな綺麗なのに。

 

名前の由来

名前の由来についても調べてみました。

実が「瓜(ウリ)」のような形であることから「木瓜(モッケ)(ボックワ)」

  • この「モッケ」がしだいに「ボケ」に変化した説。
  • 「ボックワ」「ボケ」になった説。

などがあるようです。

 

開花時期

3月~5月

 

原産地

中国

 

花言葉

  • 魅惑的な恋
  • 妖精の輝き
  • 先駆者
  • 指導者
  • 退屈
  • 平凡
  • 早熟
  • 熱情

 

なんか「魅惑的な恋」と「平凡」が混ざってると、せっかくの魅力が半減しちゃう気がする。

 

こばなし

この写真を撮ってるとき、最近仲よくしているダンプの運ちゃんに、

「さぎさん。さぎさんの格好で花撮ってるのって似合わなすぎですよ。笑」

って言われちゃいました。

 

そのときの格好は、ツナギ姿で頭は坊主。

 

ただ、負けじと、

「こんなに花を撮るのに似合う格好ないでしょうよ。」

って言い返しときました。笑

 

こんなダンプのようなガテン系の仕事をしてるからこそ、「自然の持つ美しさ」を忘れてはいけないような気がするんですよね。

 

 

な~~んて、らしくないか。

 

 

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。