『主語』と『述語』と『修飾語』のかんたんな見分け方

 

文章を書くために大事な、『主語』と『述語』と『修飾語』

今回、自分への復習の意味もこめて書いてみる。

 

『主語』は「は」、「が」、「も」とおぼえる

 

例えば、

  • お母さんむかえに来る。
  • ぼく友だちとあそぶ。
  • あの海大きい。
  • 昨日くもり空だった。
  • 同じ本をもっている。

 

など、赤い部分が主語。

 

『述語』は「動作、状態、様子」のこと

 

先程の文を使ってみると、

  • お母さんむかえに来る。
  • ぼく友だちとあそぶ。
  • あの海大きい。
  • 昨日くもり空だった。
  • 同じ本をもっている。

 

青い部分が述語。

もう一つ、「」がつく部分も述語。

 

『修飾語』をつけると意味が分かりやすくなる

 

もう一度先ほどの文。

  • お母さんむかえに来る。
  • ぼく友だちとあそぶ。
  • あの海大きい。
  • 昨日くもり空だった。
  • 同じ本をもっている。

 

緑の部分が修飾語。

修飾語は無くても意味が通じる。

  • お母さん来る。
  • ぼくあそぶ。
  • もっている。

 

でも、通じる。

だけど修飾語があった方が、より分かりやすい文になる。

 

『主語』の「は」と「が」が一緒に入っている場合はどっち?

 

  • お母さんくれたお菓子もう食べた。

 

正解は、

  • お母さんがくれたお菓子もう食べた。

 

見分け方は、

述語の「もう食べた。」が何に対してなのかを考えると分かりやすい。

食べ物はあきらかにお菓子の方なので、正解は「お菓子は」。

 

 

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。