文章を書くのが苦手な僕が、山口拓朗『そもそも文章ってどう書けばいいんですか?』を読んでみて

 

僕は文章を書くことが根っからの苦手です。

そんな自分が「本を読んで文章力が上がらないかな?」と思って、最初に選んだのが、山口拓朗先生の「うまく、はやく、書ける文章術」(この本と同じ日本実業出版社)

この本も「文章力を上げるためのノウハウ」がたくさん散りばめられてました。

そこから、山口先生の本にハマり、他にも数冊読みました。

そして、今回この本はAmazonにて予約購入。

いままで予約してまで買った本なんて無かったんですけどね。笑

 

おおまかな流れ

以前出された本も、かなりの読みやすさでした。

今回の本は、途中にマンガが加わったことによって、さらに読みやさが増しています。

 

各チャプターの流れは、

  • マンガ
  • 解説
  • まとめ

のようになってます。

 

ストーリーを楽しみながら、自然と文章力アップが期待できる本に仕上がっています。

 

この本をオススメする人

 

  • これからブログを始める人、すでにブログを書いてる人
  • 記者やライターの人
  • SNSの投稿文で悩んでる人

 

ブログのタイトル決めや、

いったい全体、何について書いたらいいかわからないよ!」

って人には、とくに参考になるはず。

 

「まとめ」で重要なところが一目瞭然になってるのも、読者にとっては良心的で高ポイント。

後で読み返したい人や、時間が無くて要点だけ読みたい人にも便利。

 

登場人物の「モモ」と「モジャ先輩」のノリツッコミのおかげで、よりスラスラで読める♪

この本を読みやすくさせてるのが、主人公の「モモ」と「モジャ先輩」。

この2人のかけあいのおかげで、「文章術」という堅苦しいメッソドも、

「楽しみながら学べる本」に変えてくれています。

もちろん、軽く読めると言っても、一つ一つの内容はしっかりと深みがあり、どれも実際に役立つものばかり。

 

好きな人に書くラブレターのように

本の内容を少しだけご紹介。

メール、SNS、ブログ、全てに言えること。

それは、「読んでもらう人に、どう思ってもらいたいか」が文章の目的。

それをラブレターで例えています。

ラブレターの目的も「好きな人に、自分のことを好きになってもらいたい」から書く。

一方的に自分のことをアピールしても、振り向いてもらえませんよね?

そういった文章は書き手が基準になってる文章。

でも、相手に振り向いてもらうには、「読む人の気持ちになって書く」ことが大切。

それはラブレターにかぎらず、全ての文章でいえることではないでしょうか。

 

美味しい!と思ってもらえるように作る

これも面白かったです。

書き手をシェフ、読み手を食べてくれる人に例えていました。

シェフは食べてくれる人に、最終的に「この料理めっっちゃ美味しかった~!」って思ってもらうために料理をしています。

文章も同じで、どうせ書くなら「この記事すごい役にたった~」とか「この記事とても面白かった~」って思って貰いたいですよね?

そういった「食べてくれる人」に、どんなリアクションをしてもらいたいかを、あらかじめ予想して料理をする。

文章も読み手の気持を想像して書けば、いい文章が書けるということ。

 

一貫して言えることは他者(読み手)への貢献

山口先生の本はどれも、「読み手への貢献」が根底にあります。

それは文章だけでなく、日頃の人付き合いにも応用できます。

 

  • 友人がどうすれば幸せになるだろう?
  • 困っている人をどうやったら助けられるだろう?

 

それを「自分はどういった助け舟を出せるだろう」と考えることと同じことですよね。

「ひとりよがりの文章」より、「誰かの約に立つ文章」を書けるほうが、読み手にも自分にも幸せなこと。

 

感想

と、書いてはみたものの。

僕はまだまだ山口先生のエッセンスを活かしきれてません。

でも、繰り返し読んで、いずれは誰かの役に立つ文章が書けるようになりたいです。

 

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。