もっと綺麗に裏声だせるようになりたい!【USボーカル教室・レッスン3】

 

今日もすごい寒かったですねぇ。

お昼は暖かかったのに、ここ最近寒暖の差が激しい。

そんな寒い中でも行ってきました、蒲田へ。

 

前回の裏声のレッスンの続きから

前回は「ミッキーマウスの声がそのまま裏声なんですよ」と言われたので、仕事の運転中に「ハハッ!」とか「もしもーし!」みたいな短いフレーズで練習してました。

 

あとはSuperflyの「愛をこめて花束を」を裏声で歌うのもいいと言われて、それも歌ったりしてました。

 

それでもそこまで練習できず、あまり前回から上達はしなかったかも。

 

裏声のレッスンを重点的に

裏声から地声への切り替えの練習。

「フー」と裏声で発声して、途中で切り替えて地声に持ってく練習。

これやってるとき良く思うのが、自分の裏声ってたまに「マスオさんみたいだなぁ」って思う。

 

今度は地声から裏声へ。

この2つをやったあと、一息で地声裏声を行ったり来たりする練習をしました。

 

実際に持ち歌の「瞬き」のパートを練習

レッスンの前後にいつも歌ってるBacknumberの「瞬き」、この曲の裏声部分に焦点を当てて教えていただきました。

 

すると「さぎさんは、地声部分に力が入ってるので、きもち優しめで歌うと切り替えが楽かも」とのこと。

 

そして裏声の切り替えが出来るようになれば、全体的に声量のコントロールが可能なのだそう。

 

軽い気持ちで発表会に参加を決意

レッスン後に、何気なく「発表会っていつあるんでしたっけ?」みたいな質問をしたら、「来週の日曜日、25日にありますよー」だって。

 

一瞬迷ったけど、モチベーションアップも狙えるから、僕も参加してみることにしました。

 

「歌う前に小話を入れるとライブ感が増すので、さぎさんも何かあればどうぞ♪」って言われたので、曲に対する想いとかでも考えてこようかな。

 

あーー緊張するけど楽しみだ~~~い!

 

 

The following two tabs change content below.
鷺 健一

鷺 健一

基本、短文記事が多いです。 長文は気が向いたときだけ。 イナフリ9期生/立花岳志の塾生/楽観的。 ゆ〜〜〜っくり記事の質を上げてければと思ってます。